ユーザインタフェースの操作感
のんびり学習の記録
4年生にしてすでに勉強嫌い?!長女のお勉強の記録と子育てって、教育ってなんだろう?をまったりと考える母のひとりごと
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
2MX37:バッタのサイダー:2回目
冬休み中のどんぐりより。

2mx37
バッタのピョンピョン、バサバサ、パタパタの3人が98円のサイダーを買うのにお金を出し合いましたが、皆で62円にしかなりませんでした。足りない分は3人のお母さんが出してくれることになりました。では、お母さんは一人何円を出すことになりますか。


数ヶ月前に、1MX55で類似問題を解いている。
私的には本当にたまにしかやる気にならないどんぐり問題だし、やるなら違う問題をやったほうが思考回路が増えるのでは・・・なんて下心があったので、いままでなるべく類似問題を避けさせてきた。でもね~~、ちょっと気が向いたので「これは、前にもやったからダメでしょ?」と聞いてきた長女に、「やりたいならいいよ」と。問題選びにも親が口出すのは違うかな~~と、うすうす思っていたので。
長女にしてみれば、一度やったことがある問題のほうが、思考回路が出来ている分とっつきやすいらしく、「これなら出来そう」と思うらしい。


CIMG1699.jpg


とりあえず、この絵をかいてすぐに、「あ、わかっちゃった」と計算をはじめて、

CIMG1700.jpg

こたえ、36円。
ん~~、間違えるとこまで同じだ。

「おしいなあ。お母さんは3人だったでしょに・・・」
「あ、そうだった」


で、

三人のお母さんのお財布を書いて、??円って書いた。


CIMG1701.jpg

おや。
初の試みだね



そこからの計算は相変わらず、


CIMG1702.jpg



こんなんで、
出た答えは12円。

はい、よく出来ました。
ちなみに、式はわかる?

「・・・」



・・・ま、相変わらずな長女ですが、
ちょっとずつ、ちょっとずつ。








にほんブログ村 教育ブログ 在宅学習・通信教育へ
にほんブログ村








スポンサーサイト
2学期のおわりに。
さて。
長女が漢字50問テストで49点を取っておそれおののいた私でしたが、その後の計算20問テストは14点で再試組へ。正直、ホッとしました~~~
なんだかそんなにお勉強好きになっちゃうと、あとが怖いしね。ほどほどで充分です。

なんて思う親は数少ないらしく、本日の「あゆみ」を持ってきた長女の話。

私は彼女の「あゆみ」をながめて、
「ま、いいんじゃない?頑張ったもんね~~」
と言ったところ、

「ママなら、そういうと思った」と、長女。

そお?

「うん。先生がね~~言ってたよ」

何の話かと思えば、
「あゆみ」をみて、もっと勉強しなきゃだめじゃない!なにこの成績!と、怒ったお母さんには、青字で書いた点数を見てもらいなさい。そこには、成績表には付かないけれど、君たちが頑張って再試で取った点数を書いておいたからね。
という、担任からのメッセージ。

はは~~ん、なるほどね。


うちの担任らしい、話だね。




いきなり成績表見てお説教するお母さんて、結局普段の子供の姿なんか、見てないんだろうな、と思う。
4年生にもなると、分からなくてもどこが分からないのかも分からないような子供も増えてくる。頑張ろうにも、どう勉強すれば、どう頑張れば分かるようになるのかも分からないような子供。学校や、(塾はないケド)教材を与えるだけで放置するお母さん。学校の懇談会の出席率をみれば、だいたい想像つく。

それなのに、成績表見て怒る。
先生がそう言うからには、そんな人が今までも多かったに違いない。



でも、私は長女がどれだけ2学期中に成長したかを知っている。

一番の成長は、漢字テスト・・・では、残念ながらなくて、長女の「分からないところが分かるようになりたい」という姿勢だ。これは、かつて公文へ通わせていたころには全く見られなかったことだ。「勉強」に対しての自分の意志がまったくない。分かる、分からないではなくて、分かりたいとも思っていないお勉強嫌いに、私は恐れを感じた。
それが、この2学期、それもここ最近の話。
分からないところを先生に聞くようになった、ということだ。
ちょっと前までは宿題にしてもテストにしても、分からないところは放置していた。だから、私がそれを探し出しては何気なく確認しては教える、という方法をとっていたが、それも最近はない。
分からないところない?と聞いたら、「先生に教えてもらってる」との返事。ちょっと拍子抜け~~だったけれど、それもまた良い勉強方法だよね。それが出来るってことは、一番の成長への近道だ。


結局のところ、やっぱり良い担任に出会ったことは確かなようだ。



これで、どんぐり問題にも取り組み気になってくれたら、もっといいのにな~~~






にほんブログ村 教育ブログ 小学校教育へ
にほんブログ村






漢字50問テスト、その後。
テストの終わった日、
「全部書けたんだよ。合ってるかどうかはちょっとだけ自信ない」
と言っていた長女。
昨日テストが却ってきたら、なんと50点満点中49点。
まあ、その得意げな顔ったら

さすがに「テストの点数なんて、関係ない!」とは言えずにただただ、「よく頑張ったもんね~~」とべた褒め。ま、だからと言って点数がとれることがイイこと、とは勘違いしてほしくないので、「努力したことがスゴイ」を強調しておきました。
でもでも、先生から言われたからもあるんだろうけれど、自分で「満点をめざす!」ことを目標に掲げてそれに向かって頑張ったことは紛れもない事実なわけで、そこは素直にすごいと思えるし、「頑張ればできる」ことは実感できたんじゃないかと。

頑張ればできることは、ぜひ「どんぐり問題」にも活用してほしいところだなあ。
今のところ、どんぐりやろう!と思うのはどうも月一回ぐらいの超スローペースなんで


点数がとれて嬉しい!ことよりも、考えることが楽しい!と思えるようになること。
ただそれだけのことが、なにより難しい。




にほんブログ村 教育ブログ 小学校教育へ
にほんブログ村





漢字50問テスト
先日の懇談会、意気込んで出席したものの、担任の先生がやりたかったことが何となくわかったのでケンカすることなく和んで帰ってきました
つまりは宿題も、本当はすべて自学(自主学習)にしたいものの、やってこない子供が多すぎて先生自身踏ん切りがつかない、計算問題の宿題は子供が分かってないところを洗い出すためのもので、全員のプリントを集めて見直し、明らかに理解できていない、勘違いしている子供には休み時間を利用して個人指導に当たっているそうで。基本的には熱心で熱い先生なので、なるほど、納得。
結局のところは割り算の宿題は多すぎたこと(これは先生にも納得してもらえました)。
冬休みの宿題は少なめにしてほしいこと(先生もお正月という伝統行事を楽しんでもらいたいのでそんなに出すつもりはないそうです)。
この2点だけを伝えて終わりにしました。

ま、伝えそこなったこととしては、先生も全員が自学に取り組んでほしいなら覚悟を決めて子供たちを信頼してはどうだろう、ということぐらいですね。ま、私もクラス全員の状況は分からないことだし、親によってはまったく子供に無関心な方もいるわけでしょうから、踏ん切りつかないのもしかたないのかな。宿題が少ない分、自学ノートの提出を勧めてるけれど、一日に10冊程度の提出率で(クラスは35~6人)提出する子供も決まったメンバーなんだそうで。


懇談会中気になったのは、学期末の漢字、計算テストに向けての取り組み。
クラスの雰囲気を盛り上げるために、全員合格に向けて頑張ろう!なんてことをやってるらしい。

うちとしてはテストの成績は気にしない、むしろテスト後の「分からなかったところ」のほうが重要なのに・・・なんてことを思っていたら、ほかのお母さんが指摘してくれたのでそれに乗っかって、「分からないところを気軽に先生に聞ける環境がほしい」ということを発言してきました。
子供のコントロールは素晴らしい先生なので、自学ノートに同じ漢字をページいっぱいに書くよりも、分からないところを考えてきて先生に聞くという勉強法のほうへ子供をシフトすることぐらい、簡単にできそうだったので。なんせ、ほかのお母さんも言ってたんだけれど、とにかく子供が「先生が言ってたからこうする!」を連発するぐらいがっちりハートをつかんでる。もちろん、うちの長女もそうだ。

で、計算はともかく、うちの長女が苦手とする「漢字テスト」。前回も再再再テストぐらいまで残っちゃって、苦労してた
でもま、たかがテストだ、漢字が書けなくたっていいじゃないか、ぐらいに今回もほっといたら。
クラスの雰囲気にあおられたらしい長女が、なんと自ら漢字の勉強をこっそりとやっていたことが判明した。
なんでこっそりかと言えば、もちろん大っぴらにやれば私に「そんなことやんなくていいから、遊べ!」と怒られるからに違いない しかも、漢字が書けても意味がわからなかったら意味ないんだよ、などとお小言付きだ。だって、「放牧」って書いてたから「ホウボクってなんだか知ってる?」とお父さんが聞いたら、「分かんない!いいんだよ!意味なんて分かんなくても」と言われた旨の報告受けたし、意味が分からないまま漢字が書けたってどうせすぐ忘れる。だったら遊んでくれたほうがよっぽどいい。

そんなわけでこっそりと勉強していた長女、昨日になって「こんなにやっちゃった」と、自学ノートを初めて私に見せてくれた。
見れば、すでにノート2冊目。
中身は最初のころは一つの熟語が1行ずら~~っと並ぶ、ありがちなパターン。
けれど、ここ最近のは一回だけ。
聞けば「先生にいっぱい書いてもだめだって言われた」
早速「先生が言ってた」効果あり。
一回だけになったものの、さて、漢字の意味は分かってるかどうか?

「ホウボク」って分かる?
「・・・うち、酪農家だよ?!知らないわけないじゃん

・・・へえ、そうなんだ。
じゃ、「ガンメン」は?
「・・・あのさあ、うち、顔面て漢字嫌い」

え?なんで?

「顔面て、一行にいっぱい書いてるとさ、顔面、顔面、顔面、顔面!・・・て、ボールが顔に当たってくる気がしちゃうんだよねえ・・・」

へ~~~、なるほど!

じゃ、「貯金」なんかはイイんじゃない?
貯金、貯金、ちょきん、チョキン!って、お金イッパイ貯金箱にいれてる感じがするし。

「そうそう!いいよねえ


なんて話で盛り上がってみました

お勉強ギライだった長女、少しずつ進化しているようです。








再び、割り算の話。
長女の通う小学校から、「学校評価シート」というものが届いている。
「あなたのお子さんは、毎日楽しく学校に通っていますか」などという質問が全15問、評価は満足~不満まで4段階評価。学校の取り組みに対して成果があると思うかどうかの確認なんだろう。
授業内容に関しては2~3問程度なんだけど、私の評価ははっきり言って不満なので、正直に書こうと思っている。学校の勉強が分かりやすいかどうか、基礎学力が伸びているかどうか。まったく不満だ。

ここ2週間ほどで、今まであまり問題のなかった長女の宿題が、俄然ひどくなってきた。
割り算が毎日いやというほど出てくる。
しかも、
「割り算は高学年へ向けての基礎となります。基礎学力の定着を図るために、宿題だけでなく朝の読書の時間を利用して朝計算の時間を設け、・・・」
などとお知らせがきた。

朝も計算???

ちょっとまて。

今、そんなことしてどうする?



長女と一緒に宿題をしていて発覚したのは、やはり割り算がイメージできてないなあ、ということ。理由は、「153÷24」は出来るのに、「345÷21」になった途端、どの桁に商を立てればいいのか分からなくなる。また、「2700÷400」はゼロを消して・・・までは分かるのだけど、あまりは「3」なのか、「300」なのか。どちらも、きちんとイメージ化出来ていればなんてことないことなんだけど・・・

計算もひとつひとつ、丁寧にイメージを膨らませながらやらせてもらえればいずれ「分かる」ようになるのに、毎晩20問あまりの宿題に朝計算は5~6問らしいけれど、それだけの問題をさせられていたら、筆算の形を覚えるだけにとどまってしまい、今までの経験から言ってもちょっと変わった問題が出たら「出来ない~~~」になってしまうのは目に見えてる。
イメージさえ出来れば、割る数、割られる数の桁がどんなに変わろうとも「同じことだ」と分かるんだけどなあ。あまりが「3」なのか、「300」なのかで迷うなんて、「ありえない」と思える子供になるんだけどなあ・・・


家ではぽんこつマシーンと一緒にゆっくりイメージしながら丁寧にやって行きたいところなんだけど、いかんせんマシーンは今猛烈に忙しくて夜は外出ばっかりだ。ゆっくり子供の相手をしてあげる時間が取れないで困ってる。朝計算はなるべくゆっくり、全部解けなくてもいいからじっくりやることを薦めておいたけれど、どうなることやら。

明日は学校の授業参観、懇談会もある。
宿題が多すぎることを訴えてみたいと思ってる。
学校の評価シートはどうやって書こう?
「その他のご意見ご感想」の欄はわずか4行のスペースしかない。



そろそろ、また、戦う時期が来たかなあ。






Copyright © 2017 のんびり学習の記録. all rights reserved.

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。