ユーザインタフェースの操作感
のんびり学習の記録
4年生にしてすでに勉強嫌い?!長女のお勉強の記録と子育てって、教育ってなんだろう?をまったりと考える母のひとりごと
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
「どんぐり倶楽部の学習相談」で、すっきり晴れやか♪
というわけで、

先々週ぐらいからまったくどんぐりもやらない日々が続いております
ちょっと前まで、その状態にちょっとイライラぎみだった私ですが、すっかりそんな気分もなくなって晴れやか~~です。
ま、やりたくなったらいずれはやるでしょう、ってなもんです。
すごいな~~私

理由はいろいろあるんですが・・・

やっぱり、どんぐり先生に学習相談をしてみたのが大きいので、参考のために公開しておきますね


以下、メールやりとり。


ご無沙汰しております、北海道のもこっぴです。
おかげさまでこの夏休みに、我慢比べを実行することが出来ました。
「分かる」ことが、楽しい、と感じてくれればと思っているところですが、どうもうまいこと行っていないようです。

少し思うところがあって、夏休み明け以降、どんぐり問題も、やりなさいと言うことをやめています。

現在は長女はまったくの野放し状態です。
やれ、と言わなければやはりやらないのか、というがっかりした気持ちと、それでもいいんだ、という気持ちと
半々で、毎日覚悟を決めて「言わない」ことを決めています。が、昨日は失敗しました。

宿題は大した量もなく、算数のプリントが数枚。
いままでは難なくこなしていたらしくて、マシーンの出番もありませんでした。
が、昨日は「仮分数→帯分数」「帯分数→仮分数」が分からないということで、各3問あった問題につきあった
ところ、途中でイヤになったらしい長女のグズグズとした態度にカチンときて、激戦になってしまいました。

学校ではどうやら分母と整数を掛けて分子と足す、というやり方を習っているようですが、
どうしてそうなるのかが分かっていなかったために、そのやり方を忘れている。
なので、1を分母ぶんに分けた線分図を使って「1は9分の9、じゃあ2は?3は?」というやり方で
なんとか3と9分の7を仮分数に直すことが出来ていましたが、
半分すねた状態で嫌々ながらやっていたので、すっきり「分かった!」ということにはならなかったです。


それでも、これが分かってないとあとがつらい(分数の足し算に入った場合)だろうという予想から、
こっちもつい、真剣になってしまう。

本当は、真の意味で「学びたい」「分かるようになりたい」という気持ちに持って行きたいと願っているのですが、
学校の授業があれば結局のところ、「飢餓状態」にはならないのかなあ、と悩んでいます。

「やれといわれない状態」をこのまま続けていくつもりです。
宿題もあまりにひどい様子になれば工夫するつもりでいます。
けれども、先の様子は予想もつきません。
いまの長女の状態で、自分から学びたい、という気持ちは芽生えるのでしょうか?

アドバイスを頂けたら、と思います。






どんぐり倶楽部の糸山です。


嫌々ながらやっていた
●私なら、やらない。楽しくおやつでも食べて終わり。中学になってからで十分。


それでも、これが分かってないとあとがつらい(分数の足し算に入った場合)だろうという予想から、
●本当につらくなったら教える。「教えて」と子供がいえる環境を常に作っておく事が大事で教える事そのものは大事ではない。


学校の授業があれば結局のところ、「飢餓状態」にはならないのかなあ、と悩んでいます。
●授業はあっても分からない所だらけですよ。必要に迫られまいと学校の勉強は身が入らないのが自然です。


いまの長女の状態で、自分から学びたい、という気持ちは芽生えるのでしょうか?
●中3くらいででるでしょうね。一応、中学からはスパルタでもいいといっていますが「でもいい」というだけで、ウチの場合は中3の夏まで完全放置です。中1-中3の7月までは(高校に行くのなら)本人が勉強をする覚悟を決める時間ですからね。
※参考までにウチの中3ですが、8/4から受験勉強開始(英語)、9月から数学、分数の計算も知らない状態でしたが1週間ほどで高校入試問題大問6問中1.2.3は自力で完璧に解けるようになってしまいましたよ。今日、4に入りますから、計算も含めて0から始めても本当の学力があれば驚異的な理解力を生みます。数学は、1.2問入試問題を使って考え方を説明しただけです。ちなみに、昨日は秒を分にする方法も知らない事が判明して大笑いしました。でも高校入試問題も解けるんですよ。小学校の分数?放っておきなさい。「教えて欲しいときには声かけてね」で終わり。自分から持っていかない。





早々のご返答ありがとうございます。
いつものことながら、大変驚かされます。
そこまでほっといて、大丈夫なのか???というのが正直な気持ちですが・・・
経験してみないと、分からないことなのでしょうね。

昨日の件は、自分から分からないんだけど、と持ってきたものだったのですが、
教えている途中でイヤになったらやはりその時点で終わりにするべきだったのでしょうか。


必要に迫られないと・・・というのはたいへんよくわかります。
私もそうだったので経験済みです。

もう少し、考えてみたいです。

ありがとうございました。







どんぐり倶楽部の糸山です。


> 教えている途中でイヤになったらやはりその時点で終わりにするべきだったのでしょうか。
>
●もちろんです。「はい、きょうはここまで!」「お菓子食べよう」「また、聞きたくなったらおいで」...切り上げ方が大事、サラッとすぱっと切り上げる。
 気持ちの切り替え方のお手本を見せていると思って下さい。





ありがとうございます。

私の一番苦手にする部分でした。
たぶん、私の言い方は突き放すように聞こえているのかもしれません。
実際、私の気持ちの中では切り替えというより「もういやだ!」という投げやりな部分がどうしてもあるので。
そんな見放した気持ちが自分でもいやで、何とかしてあげたい!と、どんどんドツボにはまるケースが多い。

「また、聞きたくなったらおいで」は、とてもいいかも・・・
使わせていただきます!





どんぐり倶楽部の糸山です。

●問題です。

毎日のお手伝いが決まっています。お風呂の準備です。でも今日は自分からはしません。
お母さんは一度声をかけます。「お風呂の準備おねがいしま~す」
でも、一向に動きません。

さて、どうしますか?

<解答例>
いつもの糸山家では...

何も言わずにお父さんがお風呂の準備をします。「今日は体調が悪いのかなぁ」とか思いながらね。
で、できたら、素知らぬ顔で「お風呂どうそ~~~」...と平穏に過ぎていきます。何度繰り返しても全く同じです。

これが、教育です。させる事が教育ではありません。





北海道のもこっぴです。
昨日は、ありがとうございました。

おかげさまで、昨夜の宿題は平穏無事に済ませられました。
同じような問題でしたが、結局のところ「教えて」というのは、分からないから分かるように教えて、
ということでなくて、一緒にやって、答えを出して教えて、という意味だったようで、
都合よく二女、三女にかまっているうちに
答えは教えてもらえないんだな、ということを悟ったらしくて、自分で取り組んでいました。
それでもなぜか、鼻歌を歌いながら機嫌よく、です。
あとで見たら見事に間違っていましたが><なんとかこらえて、そのままほおっておくことが出来ました。

あれからいろいろ考えながら過ごしてましたが、
結局のところはやはり勉強もしつけも同じで、自分がどう感じるのかが一番大事なのだなと
思います。どんぐり問題に関しても、相変わらずやる気配がありませんが、
「なぜ、それをやらなければならないのか」が、納得いっていないのだと感じます。
問題には取り組まない代わりに、私の本棚から「絶対学力」を持ち出したり、パソコンで
どんぐり倶楽部のHPを見ていたりはするので、
「なにか、どんぐり先生に聞きたいことがあったら、紙に書いてくれればFAXしてあげるよ」と
声をかけました。
「書きたい!」と即答したものの、いまだに書いてないのでどうなるのかは
わかりませんが、もしそう言った機会がありましたら、またその時はよろしくお願いいたします。






このあと、いろいろ考えに考えたんですが・・・
続きはまた。






にほんブログ村 教育ブログへ
にほんブログ村







スポンサーサイト
Copyright © 2017 のんびり学習の記録. all rights reserved.

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。