ユーザインタフェースの操作感
FC2ブログ
のんびり学習の記録
4年生にしてすでに勉強嫌い?!長女のお勉強の記録と子育てって、教育ってなんだろう?をまったりと考える母のひとりごと
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
基本にたちかえった理由
いまさらなぜ基礎の基礎に帰ってみることにしたのか。
理由は学校の担任とのちょっとした確執にあります。

ま、確執というほど大げさなものではないんですが~~

宿題の話です。

これまで大量計算のプリントは出さないでほしいことをやんわりと伝えてきたわけですが、やはり基礎の計算は必要、という判断からか時々出ます。
これがね~~、どんぐり倶楽部では「やらせてはいけない」と、大きく注意書きが出るほど危険な宿題です。その危険の意味はさておき、我が家ではこれを長女にやらせるとまちがいなく

機嫌が悪くなる、
イライラはじまる、
妹にあたる、
親に怒られる、
ふてくされてぐずる・・・

ま~~家の雰囲気は最悪なものに突然変わってしまうわけです

仕方なく我が家では1~2問をゆっくりじっくりやらせてきちんと分かっていることを確認したら、あとはやらなくていいことにしているんですが、
残りは当然私が埋めます。
このことに担任は気付いているのかいないのか、たぶん気づいてるんだろうな~~と思われることに、
「長女さんは計算のスピードが遅いことがとても気にかかる。とくに、割り算の筆算の中での引き算の部分で、繰り下がるものならともかく8-6などでも指折り数えなければ出来ないようだ。これでは先が大変なので、やはり計算の練習は必要なのではないでしょうか?」
というようなことを、連絡帳のみならずわざわざ自宅に電話まで掛けてきて言われてしまったわけです

この件は、以前から私も気になっていたところでしたが、デンタ君の記事中にも書いたとおり、それはたぶん、
大量計算をさせたところで出来るようになるものではない
きっと何かいい方法があるので、うまくいけばスピードアップ間違い無しなので、どうかこのまま暖かく見守って欲しい・・・てなことで、返事してしまったわけで・・・

ホント言うとね、なにも早く計算できることが重要ではないんです。

だけど、今の世の中中学受験するわけでもないのに、普通の小学校でも「計算を早く正確に」という風潮がある。早ければ出来る子だと認識される。

ん~~~

なんでこんな世の中になってしまったんだろう?
社会に出て、「計算を早く正確にできる」大人は評価されるんですかね?
もしくは「漢字をたくさん知っている大人」でもいいけど。
パソコン1台を前にしたら、なんのメリットもないんだけど・・・

それよりも、「考えて行動できる大人」のほうがよっぽど役に立つと思うんだけどね。

出された計算問題は素早く解けても、状況に応じた計算式が立てられない大人は、どこの会社も
雇ってくれないのにね。


でも、そういう世の中で生きていくのにはときに合わせることも必要なわけで、
でも大量計算をすることを避けるためには、ぜひ、担任の先生を納得させられるような
結果を見せてあげたいな~~と。
大量計算しなくても基礎計算を理解できる、ってこと。



長女はなんだか実験台のような形になって申し訳ないと思いつつ、
でもデンタ君や三角計算ならば後々も覚えといてソンはないと思うので
ぜひ頑張ってほしいな、と思うのでした。




にほんブログ村 教育ブログ 小学校教育へ
にほんブログ村




ちなみに昨日は、友達の家へ遊びに行っていて時間が取れず、おとといは何とか時間をムリヤリ
作って「デンタ君、3問だけ!」と言ってダイニングで実践。
長女は「ん~~~」と唸りながら目をつぶって頭にデンタ君を描き・・・答えが出るまで
4~5秒ぐらいかなあ。(繰り下がりの引き算)
もうちょっとすんなりデンタ君が頭にうかぶといいかな、とも思うけど、
いかにも長女の頭の中が見えるようで、なかなかおもしろかったですよ









スポンサーサイト

コメント

 管理者にだけ表示を許可する

トラックバック
トラックバック URL
Copyright © 2018 のんびり学習の記録. all rights reserved.

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。